食育指導士・食育学校保育園情報

食育指導士・食育学校保育園情報。食育(しょくいく)は日本の内閣府や小学校、保育園でも注目されています。食育は政府、厚生省から保育所まで子供を健やかに健康に育てる方法として子ども、幼児に最適な育て方といえるでしょう。食育指導士、食育インストラクターの資格をもって活躍している人も近年増えてきています。各地域でも食育指導士が中心となって食育推進フォーラムなども開催されています。

メニュー| 食育指導と食育教材 | 食育は文部科学省も注目、食育指導士も年々増 | 食育指導による「食」に関する知識と「食」を選択する | 食育保育園や小学校での食育給食の取り組みについて | 企業の食育に関する取り組み(「よい歯と食育推進委員会」)ほか | 食育大辞典、食育推進講座、食育関連教材について |

食育指導と食育教材

食育に関する法律・条例や食育にともなう栄養学、食育の必要性

食育の指導といえば松居一代さんや服部先生が有名です。食育指導士や食育インストラクターの講座も開催されています。これらの食育講座は通信講座でも行われています。こうした食育の資格を取得する人も増えてきています。また食育をとりいれた給食をだす小学校、労働における水産給食科学、地産地消のおかずやごはん、食育白書にもとづいた食育指導を行う機関もあります。

食育に関する教材や本(たくさんのタイトルがあります)やゲーム、カルタ、食育問題にとりくんでいる活動もあり、食育の意味や指針をだす企業もふえてきています。食育に関する法律・条例や食育にともなう栄養学、食育の必要性も近年重視されるようになり、食育指導士や食育インストラクターのもと食育の講演や食育イベントも各地で開催されています。

全国的に食育への関心が高まる中、菜園学習の手引きとなる「野菜を育てて学ぶ 食育実践BOOK」(家の光協会)が全国出版さました。著者はJA鳥取県食農教育支援センターの川上一郎理事長で、「食農教育は知識だけでなく、体感教育の実践が必要」と話していいます。川上さんは 「五感で覚える食農教育」を提唱するなど、実践重視の食育を推進する川上さんには、県内外から多くの講演依頼が寄せられており各地のJAや学校などでの講演活動にも取り組んでいます。

生活習慣病予防や体に無理のない「食育・美容ダイエット」も注目されています。 今や死亡原因の6割以上を占めるようになった生活習慣病も、正しい知識をもった食生活を送ることで予防が可能です。また、食育を学ぶことは、美容やダイエットにも活用できます。いろいろな食べ物の特性を知ることで、栄養バランスを管理し、カロリーや脂肪を適正にコントロールするメニューづくりができるようになります。食育の知識を身につけて実践してみてください。